掲載記事

ゴーン元会長逃亡事件 “極秘”捜査資料がネットに?

ゴーン元会長逃亡事件 “極秘”捜査資料がネットに?

NHK Web特集

2021/03/05

ゴーン元会長逃亡事件に関する極秘捜査資料を裁判記録の一部としてネット上で簡単に閲覧することができる米国と、依然として裁判記録へのアクセスのハードルが高く、公開が進まない日本について比較検証しています。

裁判公開や知る権利について、日米専門家とともに法廷メモ裁判の原告としてのインタビューが掲載されています。

書評 :  Saul J. Takahashi (ed.), “Civil and Political Rights in Japan” (Routledge, 2019)

書評 :  Saul J. Takahashi (ed.), “Civil and Political Rights in Japan” (Routledge, 2019)

NUMBER1 Shinbun FCCJ (日本外国特派員協会)

2021/01/04

国際機関で人権問題に深く関わってきた専門家による基本的人権論点の著述を集めた本の書評です。


The Reality of the “Right to Counsel” in Japan and the Lawyers’ Campaign to Change It

The Reality of the “Right to Counsel” in Japan and the Lawyers’ Campaign to Change It

The Asia-Pacific Journal / Japan Focus, Vol. 18, Issue. 13, No. 4

2020/07/02

指宿信 / ローレンスレペタ

公判前段階での弁護人へのアクセスに関する新しい展開や、公判前勾留の最近の減少傾向、被疑者に対する取調べ規制に向けた弁護士会の運動について記述しています。

勾留数の減少の主な理由としては、主に裁判所勾留命令に対して頻繁に異議を申し立てる弁護人の積極的な働きかけと、それを前向きに認め、被疑者を身体拘束から解放する裁判官によるものと考えられます。

不要な「緊急事態条項」 「公共の福祉」で事足りる

不要な「緊急事態条項」 「公共の福祉」で事足りる

朝日新聞

2020/06/02

日本では、コロナ感染予防の緊急事態において内閣に特別な権限を付与する規定を追加するために日本国憲法を改正すべきだとの意見がある。しかし、現憲法にそのような規定は必要ない。アメリカにおけるロックダウンの司法判断を紹介します。

The coronavirus and Japan’s Constitution

The coronavirus and Japan’s Constitution

ジャパンタイムズ

2020/04/14

Article 41provides the government with sufficient power to take aggressive action


SEATTLE – Many foreign observers are puzzled by Japan’s odd response to the COVID-19 pandemic, which some call a “soft lockdown.” After dithering for weeks, Prime Minister Shinzo Abe finally exercised power granted under the recently revised New Influenza Special Measures Act to declare a state of emergency on April 7 over Tokyo and six other prefectures, authorizing prefectural governors to request social-distancing measures and other actions.

Copyright © Lawrence Repeta Official Web site   All Rights Reserved.

​記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。

Unauthorized reproduction of articles, photographs, charts and all the other contents is prohibited.